【期間別】フィリピン留学の費用は?費用を安くおさえるコツ

欧米圏への語学留学に比べると費用がとても安くおさえられることもあり人気の「フィリピン留学」。
1ヶ月の短期留学の場合は約15〜30万円、6ヶ月の留学で約65〜130万円ほどで留学することが可能です!
今回は、実際に語学留学を検討されている方向けに「留学にかかる費用の詳細」や「費用を少しでも安くおさえるコツ」をご紹介します!

フィリピン留学をおすすめする5つのPoint

まずは、フィリピン留学をおすすめする理由を5つ紹介します。
フィリピンの街並み

【おすすめPoint.1】日本から近い距離で行きやすい

英語が公用語の国でありながら、日本から4〜5時間ほどと近い距離に位置し、年々日本からの直行便の就航数も増えています。
はじめての海外で離れた地域に行くのは不安という方も安心です。

【おすすめPoint.2】費用が欧米圏と比べて安い

冒頭でも述べましたが、欧米圏への留学と比べて費用が安く、3分の1や3分の2程度の金額で留学できます。
(まだ発展途上国であるため、土地代や人件費などの低さが理由です。)
物価も日本と比べても安く、現地での生活費をおさえることができます。
語学留学に挑戦したいけど、なるべく費用をおさえたい!という方におすすめです。

【おすすめPoint.3】学習環境の質の高さ

欧米圏への留学と比べて人件費も安くすむため、オーダーメイドの授業やマンツーマンレッスンなど、質の高い環境で学ぶことができます!
マンツーマンスタイルであれば、ご自身のペースで授業を進めることもできるため、英語が初めたばかりで心配という方や短期間で確実に英語スキルを身につけたい方におすすめの環境です。
授業スタイルは目的や状況に合わせて選択するようにしましょう!

【おすすめPoint.4】リゾート地としても人気なセブ島も!

フィリピン留学の中でも、リゾート地としても世界的に有名なセブ島は、安心して留学できる地域でもあります。
平日は勉強・休日はリゾートを満喫するなど、楽しみながら留学したい方にぴったりです。
日本人の観光客も多いため、日本語で対応可能な施設も多い点も◎
※全ての地域が安全ということではないため、事前に先生や語学学校のスタッフに危険な地域の情報などは確認し、近づかないようにするなどしましょう!
セブ島以外にも、フィリピンの首都・マニラも大都会で快適に過ごしやすくおすすめです。

【おすすめPoint.5】温暖な気候で過ごしやすい

地域にもよりますが、平均気温は26〜27度前後と年間を通して温暖で、比較的過ごしやすい環境の地域です。
(日本のように猛暑になることはあまりありません。)

<期間別>フィリピン留学の費用目安/目的別の留学期間目安

■留学期間別の費用目安

留学期間別に費用の目安をご紹介します!

期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
費用目安 約15〜30万円 約35〜70万円 約65〜130万円

上記は、学費・居住費・生活費込みのプログラムを利用した場合の目安です。
(海外保険費やビザ申請費、交通費などは含みません)

■目的別の留学期間目安

続いて、目的や得られる英語スキルによって異なる目安期間のご紹介です。
しっかりとした英語力を身につけるためには長期間の留学がおすすめですが、親子留学や社会人留学の場合は、長期滞在が難しい方も多いかと思います。
そのような場合でも、フィリピンは1ヶ月・3ヶ月という短期のプログラムも豊富にあるため、親子や忙しい社会人でも、長期休暇やお休みを利用して実現しやすいです!
(1ヶ月でも難しい・・・という方でも、1週間の短期プログラムもあります!)

期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
目的/英語スキルの目安 ・海外生活の環境や、英会話に慣れる
・海外旅行で困らない程度のスピーキング力が身につく
・日常生活に問題ないレベルの英語力が身につく
・TOEICなどの英語力向上
・英語でスムーズに会話できる英語力が身につく
・TOEICで高スコアを狙うことができる
おすすめ 親子 / 社会人 学生 / 社会人 学生

 

フィリピン留学の費用詳細一覧

全体のおおよその費用目安はお伝えいたしましたが、ここでは費用の内訳をご紹介します。
※平均的な費用の目安として参考にしてください。

■出発前に支払う費用

○ 入学金

語学学校に入学する際に必ず発生する費用ですが、費用は学校によって異なります。

期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
費用目安 約1万5千円 約1万5千円 約1万5千円

 

○ 学費・寮費

地域や語学学校、内容によって費用は異なりますが、学費だけでなく滞在費・生活費も含まれる場合が多いです。
契約前に、内容はよく確認するようにしましょう!

期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
費用目安 約10〜20万円 約30〜60万円 約60〜100万円

 

○ 航空券代

航空会社や時期によって費用は異なりますが、往復でおおよそ5〜7万円です。

期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
費用目安 約5〜7万円 約5〜7万円 約5〜7万円

 

○ 海外保険料

規定で加入が定められているわけではありませんが、万が一に備えて基本的には加入されることをおすすめします。
保険会社によって費用は異なりますが、平均の費用は以下の通りです。

期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
費用目安 約1~2万円 約4〜8万円 約8~12万円

 

○ SSP費(就学許可証)

SSP(Special Study Permit)はフィリピンに滞在し現地で勉強するために必要な特別就学許可証です。
地域によって費用は異なりますが、平均の費用は以下の通りです。

期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
費用目安 約1万~1万5千円 約1万~1万5千円 約1万~1万5千円

 

○ ACR-I-Card費(外国人登録証)

ACR-I-Card(Alien Certificate of Registration Identity Card)は外国人登録証です。
59日以上フィリピンに滞在する場合に取得が義務付けられています。
(1ヶ月の短期留学の場合は不要)

期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
費用目安 0円 約7千円 約7千円

 

○ 滞在ビザ

30日間までの滞在であれば、ビザ申請の手続きは不要ですが、30日以上滞在する場合は、語学学校から滞在ビザの延長申請が必要です。
(1ヶ月の短期留学の場合は不要)

期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
費用目安 0円 約1万5千~2万3千円 約3万~4万5千円

 

■現地で支払う費用

○ 生活費

生活費は、留学期間中の現地での過ごし方や人によって大きく変わりますが、フィリピンで1ヶ月あたりにかかる生活費の目安は2万〜6万円です。

期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
費用目安 約2万〜6万円 約6万〜18万円 約12万〜36万円

 

フィリピン留学費用を少しでも安くおさえるコツ

もっと費用をおさえたい!なるべく安い金額で留学したい!という方向けに節約するコツをまとめました。

■出発前の節約

○ 「滞在先の部屋の選択」で節約(大人数部屋を予約する)

語学学校は、滞在する部屋によって費用が異なります。
一人部屋よりも複数人部屋のほうが安くなるため、費用をおさえたい方は大人数の部屋を選択するとよいでしょう。
安い部屋はすぐに埋まってしまうこともあるため、なるべく早めに予約するようにしましょう。

【💡ポイント】
複数人部屋は、いろいろな人と交流するきっかけになるというメリットもありますが、
人によっては、他人と同じ部屋で生活することにストレスを感じてしまう場合もあると思いますので、ご自身の状況に合わせて選択してくださいね。

○ 学費・食費・居住費がセットになっているプログラムを利用する

学費から食費・居住費まで全て込みで用意されているプログラムにすることで、居住費をおさえることができます。
特別贅沢を望まないのであれば、別で食費がいくらかかる?!などと考える心配もないので安心ですね!

○ 海外保険の費用をおさえる

海外保険は必ず加入することをおすすめしますが、クレジットカードに付帯されている保険を活用することで、無駄な保険料はおさえることができます。
会社によって、内容や条件などが異なるため、事前に確認した上で、その他必要な分を、オーダーメイド型の保険で補う形で加入することがポイント。
保険会社によって割引やキャンペーンを行っている場合もあるので、よく調べて加入しましょう!

○ 航空券をなるべく安く購入する

日本からの直行便を出している航空会社はいくつかありますので、安く渡航できる会社を選択するようにしましょう。
また、年末年始やゴールデンウィークなどの観光シーズンや航空券が高い時期を避けることで、より安く費用をおさえることができます。
*航空券は早めの予約で安く購入できることもあるので、できるだけ早めに準備するようにしましょう!

【💡航空券を安く購入するポイントまとめ】
◎ 直行便ではなく経由便を利用する
◎ 安く渡航できる会社を選択する
◎ 比較的安い時期に留学する(おすすめ時期:長期休暇の直後など)
◎ 早めに予約する(早めの予約で割引額が大きくなることも!)
◎ 比較サイトを利用する(一番お得な航空券をスムーズに見つけられます!)

○ 奨学金制度を利用する

条件などを満たしている必要はありますが、海外留学奨学金として、貸与型奨学金や給付型奨学金などが利用できる場合があります。
学生の場合は、学校を通して申し込むことができる奨学金もあるのでまずは確認しましょう!
民間団体が募集している制度などもありますので、利用できる制度があれば奨学金制度の利用もおすすめです。

■現地での節約

○ 食費の節約(寮の食事や現地の食堂を利用する)

フィリピンの食事
食事付きの語学学校であれば、できるだけ食事は寮ですませることで食費をおさえることができます。
外食の際は、現地の食堂を利用すれば節約になるのでおすすめです。
先生や語学学校スタッフに現地の人がよく行く食堂の情報を聞きましょう◎
(食堂の他、屋台での食事も安いので節約にはなりますが、衛生面が気になる方やまだ生活に慣れていない方は注意しましょう。)

○ 食費の節約(食材は現地のローカルマーケットで購入する)

フィリピンのマーケット
フルーツや野菜などの食材は、現地のローカルマーケットで格安で購入できます。
慣れないと大変かもしれませんが、普通のスーパーより安い値段で販売されており、現地の人と仲良くなればおまけしてくれることも♪

【💡ローカルマーケットで注意すること】
ローカルマーケットは人が多く、スリなどの被害にあいやすいため、
必要以上にお金を持っていかない、高価なものは身に着けないなど、十分注意しましょう!

○ 移動費の節約:タクシーではなくトライシクルを利用する

トライシクル
トライシクルは、バイクの片側にサイドカーがついている乗り物のことで、フィリピンでよく使われている移動手段です。
地域や距離により金額は異なりますが、タクシーに比べて費用をおさえることができます!
(事前に運転手さんに確認して料金に納得してから乗せてもらうと安心です。)
※他の乗客と相乗りになることもあります。

フィリピンで憧れの語学留学を実現しよう!

いかがでしたか?
今回は、期間別のフィリピン留学費用のご紹介でした!

上記でご紹介した費用は一例となり、時期や地域などによっても大きく変わります。
既に気になる語学学校がある方は、費用の無料見積りをしてみてくださいね。
フィリピンのおすすめ語学学校一覧はこちら

現在、ZOOMによるフィリピン留学無料相談を受け付けています!
「フィリピン留学について相談してみたい!」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。
【無料】ZOOMで気軽に!フィリピン留学無料個別相談受付はこちら

関連記事

  1. フィリピン留学で失敗した事例を紹介。成功させるために知っておきたい5つのポイント

  2. 【留学前必読】フィリピン留学のメリット・デメリット徹底解説!

  3. 【フィリピン留学】みんなのリアルな声!口コミ・体験談を大調査

  4. 【徹底ガイド】フィリピン留学を検討している方へ。基本情報から注意すべきポイントも紹介

  5. 【体験談】フィリピン留学前に読みたいブログ13選|留学したい方必見!

  6. フィリピン留学をおすすめする人・おすすめしない人とは?失敗しない留学選び

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

本日の為替レート

ドル/円
ペソ/円
ペソ/ドル
$1.00₱1.00$1.00
¥156¥2.69₱57.85
フィリピン留学・無料個別相談

ホームステイフィリピン留学

APSE・Asian Power School of English・ホームステイフィリピン留学
フィリピンセブ留学・ミライズ
Translate »