フィリピン留学をおすすめする人・おすすめしない人とは?失敗しない留学選び

これからフィリピン留学をしようか考えている時に、「フィリピン留学は自分に合ってるのかな?」「欧米国など他の留学先と迷っているけど、どうしよう」と気になっている人もいるのではないでしょうか?
留学の目的や、留学の際に重視するポイントは人それぞれです。いくらフィリピン留学に魅力ポイントがたくさんあっても、全ての人にフィリピン留学がおすすめ!とは言えません。

そこで今回は、”フィリピン留学が他の欧米国などの留学先と異なるポイント”や”フィリピン留学に向いているかが分かる適正チェックリスト”をご紹介します!
留学を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

フィリピン留学の特徴!他の留学先と異なるポイント

ポイント
まずは簡単に、フィリピン留学が他の欧米国などの留学先と異なるポイントを4つご紹介します。

【ポイント1】日本から手軽に行ける距離にある

フィリピンは日本から直行便で4〜5時間で到着する距離にあることが最大の特徴です。
フィリピンのセブ島は、リゾート地としても人気の高い観光地ですよね!

【ポイント2】他の国と比べて、低価格で留学が実現できる

留学したくても費用が高額なイメージで敬遠されがちですが、フィリピン留学は比較的低価格で留学を実現できることも特徴です。
短期留学の場合は、15万ほどで留学が実現できる場合もあります。
フィリピン留学費用に関しては、以下の記事で詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

【ポイント3】日本人の生徒も多く、初めての海外におすすめ

フィリピンの語学学校には日系の語学学校も多く、日本人の生徒が多い語学学校もあります!
同じ日本人の仲間がいれば、初めての海外&留学という方も安心ですね。
(全体的にアジア圏の留学生が多い環境です!)

【ポイント4】マンツーマンレッスン中心の授業を受講できる

もうひとつ、フィリピン留学ならではの特徴は「マンツーマンレッスン中心の授業が多い」こと。
自分のペースで授業を進めることができるスタイルを低価格で実現することが可能です。

その他、フィリピン留学のメリット・デメリットに関しては、以下の記事でもっと詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

あなたはフィリピン留学に向いている?適正チェックリスト

チェック
上述した通り、フィリピン留学には、他の留学先と異なる魅力ポイントがたくさんあります!
ただし、留学の目的や生活スタイルによって、向き不向きもあるため、自分に合っているかを判断することが大切です。
そこで、自分自身がフィリピン留学に向いているかが判断できる適正チェックリストを用意いたしました!

以下の項目にいくつ当てはまるか、ぜひチェックしてくださいね。

【✅フィリピン留学に向いているかが分かる!適正チェックリスト】
□ 現在、英語がとても苦手である
□ 全く英語が話せないため、英会話ができるようになりたい
□ 語学留学で徹底的に勉強したい
□ どんな環境でも生活できる(生活環境の変化が問題ない)
□ 語学留学中は生活を管理してもらえる環境で勉強したい
□ 食事などもお任せできる寮生活がいい
□ なるべく低価格で留学したい
□ 2ヶ国語を検討している
□ 社会人で、長期休暇期間で短期留学をしたい
□ 親子で留学したい
□ まだ海外へ旅行もしたことがない
□ アジア圏の友達を増やしたい

 

いくつの項目に当てはまりましたか?
当てはまる項目が多いほど、フィリピン留学に向いている方といえます!

フィリピン留学をおすすめする人の特徴12選

それでは、上述したチェックリストの項目について、それぞれ詳しく説明していきます。

(1)現在、英語がとても苦手

フィリピン留学は、英語初心者〜中級者向けのイメージが強く、英語初心者を対象にしたプログラムを用意している語学学校も多くあります。
またフィリピン留学の特徴としても挙げましたが、マンツーマンレッスンスタイルの語学学校が多いため、英語が苦手で授業についていけるか心配…という方も安心して授業を受けることができます。

(2) 全く英語が話せないため、英会話ができるようになりたい

(1)と似ていますが、マンツーマンレッスンスタイルが多いため、他の人と比較することもなく、個人のレベルに合わせてご自身の英語力アップだけを考え学ぶことができます。
日本人スタッフが在住している語学学校もあるので、全く英語が話せないという方も安心です。

(3)語学留学で徹底的に勉強したい

フィリピン留学には、マンツーマンレッスンスタイルの語学学校が多いとお伝えしましたが、「スパルタ校」と呼ばれる平日の外出禁止や義務自習のような規則を設けた語学学校もあります。厳しい環境かもしれませんが、語学留学中はとにかく徹底的に学びたい!勉強したい!という方には英語漬けとなれるおすすめの環境です。
(もう一方で「セミスパルタ校」と呼ばれる自分の時間を多く持つことのできる環境の学校もあります。)

【💡スパルタ校の特徴】
● 平日の外出禁止
● 学校内での母国語使用の禁止
● 厳しい学習スケジュール
● テストが多い
※学校によって規則等は異なり、自由時間が多かったり、朝から晩まで勉強というプログラムも!

(4)どんな環境でも生活できる(生活環境の変化が問題ない)

フィリピンでの生活は、日本での生活と比べると不便さを感じることも多いかもしれません。
日本と比べるとインフラがまだまだ整っていないためです。
生活に困るほどではないですが、以下のような点がとくに気にならないという方は、デメリットにはならないはずです!
● Wi-Fiの通信速度が日本と比べて快適ではない
● 水道やシャワーの水圧・温度環境があまり良くない
● トイレが不便(トイレットペーパーを流すのが禁止されている/トイレの横に捨てる等)

(5)語学留学中は生活を管理してもらえる環境で勉強したい

フィリピン留学は、授業と宿泊がセットになっている寮生活プログラムを設けている語学学校がほとんどです。一日の食事や滞在費込みのため、留学中の生活は基本的に管理してもらえる環境です。

(6)食事などもお任せできる寮生活がいい

(5)と似ていますが、寮生活プログラムの場合、一日3食分の食費込の費用となっていることがほとんどで、食事を自分で考える必要がありません。
とにかくまるっとお任せしたい!という方におすすめです。

(7)なるべく低価格で留学したい

フィリピン留学の特徴のひとつでもありますが、アメリカなどの欧米国への留学と比べても費用を安く抑えることができます。
留学先にこだわりがなく、安く留学したい!という方にはおすすめの留学先です。

(8)2ヶ国語を検討している

2ヶ国留学とは、留学期間を前半・後半に分けて異なる2つの国に渡航する留学のことですが、フィリピン留学はその2ヶ国留学の「前半」=プレ留学に最適です!
短期間留学がしやすく、低価格なプログラムが多くあるためです。

(9)社会人で、長期休暇期間で短期留学をしたい

社会人が留学をしたい!と思っても、なかなか1年などの長期的な留学を実現するのは難しいですよね。フィリピン留学であれば、1週間・1ヶ月間の超短期のプログラムもあるため、夏季休暇・有給などの長期休暇期間での留学を実現できます!

(10)親子で留学したい

(9)とも繋がりますが、1週間・1ヶ月間の短期プログラムが豊富なことから、親子留学を検討されている方にもフィリピン留学は最適です。
親子留学プログラムのある語学学校もありますので、ぜひ検討してくださいね。

(11)まだ海外へ旅行もしたことがない

これまで旅行で海外に行ったことがない!という方は、初めての海外生活はもちろん、長時間の飛行機など心配事が多いかと思います。
フィリピン留学であれば、日本からの距離も4〜5時間と欧米国と比べて近く、初めての海外の方にも安心かと思います。

(12)アジア圏の友達を増やしたい

フィリピンの語学学校は日系と韓国系の語学学校に分かれますが、全体としてアジア圏の生徒が多いです。そのため、アジア圏の友達を増やしたいと考えている人にはぴったりだと思います!

フィリピン留学をおすすめしない人の特徴7選

フィリピン留学をおすすめする人の特徴について説明しましたが、逆におすすめしない人の特徴についても紹介します。

(1)現在、ある程度の英語スキルは取得済で、さらに上達したい

フィリピン人の語学学校講師は、日本人慣れをしている方も多く、ネイティブと比べると英語を話すスピードがゆっくりです。また、生活の中で日本語でも通じる場合も多いため、全く日本語の通じない本場の外国でのコミュニケーション力を身につけたい!という方には物足りない可能性があります。

(2)ネイティブが使うフレーズやスラングを学びたい

フィリピン人の講師は、ネイティブではない講師も多く、ネイティブが使うフレーズを学びたい!という方は注意が必要です。フィリピン留学をしても、ネイティブの使う英語を聞き取れるレベルにはなれない可能性があります。
※ネイティブ講師がゼロということではなく、ネイティブの在籍する語学学校もありますので、事前に確認することをおすすめします。

(3)専門の英語を学びたい

フィリピン留学で学べる英語は、本場の英語というよりは基礎英語に近い印象です。
実際の現場で使われる言い回しなどの専門的なビジネ英語を学びたい場合は、ネイティブの方が経験豊富なため、ネイティブ講師が揃っている留学先を選んだ方がよい場合もあります!

(4)生活は自分で管理して、マイペースに勉強したい

フィリピン留学の場合、寮生活のプログラムがほとんどで、留学中の生活は基本的に管理されるイメージです。
そのため、勉強以外の留学中の生活は自分で考えて行動したい、決めたいという方は、寮生活ではない環境の選択をおすすめします。

(5)神経質な性格

フィリピンでの生活は、日本の生活と比べると不便と感じることも多いかもしれません。
トイレやシャワーなどの水回りの綺麗さや清潔面など気になる方には厳しい環境の地域もあるかもしれませんので、ご自身が許容できる範囲かなど、事前に検討している地域について調べておくと安心ですね!

(6)多くの国籍の友達を増やしたい

フィリピン留学では、アジア圏の留学生が多いのが現状です。
そのため、日本人ではなく、幅広く多くの国籍の友達を増やしたい!という気持ちの方は、フィリピン留学が想像していたイメージと異なる留学となってしまう可能性もあります。
※フィリピン留学の語学学校でも多くの国籍の留学生が在籍する語学学校もあるため、どういった国籍の留学生が多いか、事前に確認してみましょう!

(7)ホームステイで留学をしたい

フィリピン留学のほとんどが寮生活のプログラムとなっています。そのため、留学=ホームステイと考えている方には、合わない可能性があります。
※ホームステイ型のフィリピン留学もゼロではないため、フィリピン留学をサポートしてくれるエージェントなどに相談して自分に合ったプログラムがないか情報収集するのもおすすめです。

まとめ

飛行機
いかがでしたでしょうか?

留学といっても、場所や期間、勉強スタイルなど選択肢は幅広くあります。
ご自身の重視する点や目的を見極めて、自分に合った留学先を選んでくださいね。

適正チェックリストで「フィリピン留学に向いていそう!」「もっと詳しくフィリピン留学のことを知りたい!」と感じた方は、ZOOMによるフィリピン留学無料相談も受け付けていますので、ぜひお気軽にご相談ください。
【無料】ZOOMで気軽に!フィリピン留学無料個別相談受付はこちら

関連記事

  1. フィリピン留学で失敗した事例を紹介。成功させるために知っておきたい5つのポイント

  2. 【期間別】フィリピン留学の費用は?費用を安くおさえるコツ

  3. フィリピン留学の心配・不安

    フィリピン留学不安・怖い・心配、問題解決はどうする?

  4. 【2023年最新版】おすすめフィリピン留学エージェント17選!徹底解説

  5. 【体験談】フィリピン留学前に読みたいブログ13選|留学したい方必見!

  6. 【留学前必読】フィリピン留学のメリット・デメリット徹底解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

本日の為替レート

ドル/円
ペソ/円
ペソ/ドル
$1.00₱1.00$1.00
¥150¥2.67₱56.16
フィリピン留学・無料個別相談

ホームステイフィリピン留学

APSE・Asian Power School of English・ホームステイフィリピン留学
フィリピンセブ留学・ミライズ
Translate »